about

アイアイいまばり
キャンペーンについて

i.i.imabari!(アイアイ今治)キャンペーンは、
みんなで今治市を盛り上げ、つい夢中になってしまうような今治の魅力を、
広く世界に発信するための活動です。

i.i.imabariブランドロゴ
アイアイいまばり。今治の新しいアイ言葉です。

今治の新しいキャンペーンロゴ
ができました。

読み方は、「アイアイいまばり」。
意味は、「I’m Into IMABARI
(今治にハマってます)。
ついついハマってしまう今治の魅力を、
あなたも教えてくれませんか?


キャンペーンロゴについて

「i.i.imabari!」の「i」と「i」が互いに弾け合っているようなデザインは、人と人のアイデアやひらめきの「共創」を表現しており、さらに今治の祭り「おんまく」で勢いよく打ち上げられる花火のイメージを重ねています。ブランドカラーとして使用している『シアン』『マゼンタ』『イエロー』は、色の三原色と呼ばれ、混ぜ合わせることで無数の色を作り出せる基本的な色。今治に夢中になっている人達が共に創り出す限りない可能性を、この三色に込めております。

ブランドカラー

キャンペーンロゴブランドカラー


総合監修

クリエイティブディレクター
佐藤可士和
Kashiwa Sato

1965年東京生まれ。多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業。
クリエイティブスタジオ「SAMURAI」代表。慶應義塾大学特別招聘教授。
企業、商品、空間、地域再生など多岐にわたる領域でトータルプロデューサーとして活躍。 文化庁文化交流として日本の優れた文化、技術、コンテンツを広く海外に発信することにも注力している。 著書に『佐藤可士和の超整理術』(日経ビジネス人文庫)、『佐藤可士和の打ち合わせ』(ダイアモンド社)など。

今、今治が面白くてたまらない。
サイクリストの聖地として名を馳せるしまなみ海道、日本遺産の村上海賊、名物・今治焼鳥や瀬戸内海の海産物、農産物に美味しいスイーツ、目の離せないFC今治、「日本一美しい島・大三島で暮らすプロジェクト」の展開、大人気のバリィさんに、JAPANブランドとして進化を続ける今治タオル、、、今治には面白いモノ、コトがあり、それをつくっている面白い人がたくさんいて、なんとも魅力的なパワーを発しています。

「I’m into Imabari !」は、「私は、今治に夢中です」「私は、今治にハマっています」という意味。知れば知るほど、触れれば触れるほど今治にハマる、、、僕自身も感じているそんな思いを、この言葉に託しました。
今治には、今治を愛する人、ここから面白いことを発信する人、そんな今治に惹かれて訪れる人など、多くの「I’m into Imabari !」な人が集まっています。この今治のパワーを全国に発信しよう!と、ロゴは、元気で明るく勢いを感じるポップなデザイン。センターは、今治の人、今治に夢中になっている人をイメージしつつ、今治を面白くしている個々のコンテンツの弾むような楽しさや、共創から生まれる新しいアイディアのひらめき、そして今治市民のまつりである「おんまく」で空高く上がる花火を表現しています。今治に関わるすべての人が発案者であり、発信者であり、担い手である「共創型今治モデル」のシンボルとして、「I’m into Imabari !」が輪のようにめぐって大きなムーブメントとなるようにという願いも込めています。

佐藤 可士和

Imabari is full of fun.
There are many interesting things and places in Imabari. Shimanami Kaido is a well-known mecca for cyclists. There is the Japan Heritage Murakami Kaizoku Navy. Local specialties include Yakitori (skewered grilled chicken) and Seto Inland Sea seafood, as well as, fresh local produce and delicious sweets. FC Imabari is well worth watching – you can’t take your eyes off of them. “Omishima Project”, an ongoing initiative, promotes living on the most beautiful island Omishima. The local mascot character Barii-san is a perennial favorite and Imabari Towel continues to grow as a recognized JAPAN Brand. Moreover, there are many fascinating people making Imabari interesting. They all have special powers that attract others.

“I’m into Imabari!” means “I am in love with Imabari.” or “I’m hooked on Imabari.” The more we know about Imabari, and the more we feel Imabari, the more into Imabari we become. I put the thoughts that I am currently feeling into these words.

A lot of people love Imabari and they share the charms of the city. In turn, others are attracted by these charms and visit Imabari, finding their own reasons to say “I’m into Imabari!” There are so many people getting together who are 'into Imabari'. Let the power of Imabari be known to the nation. The logo design is cheerful, popping with a feeling of energy. The center of the logo has an image of the people of Imabari and the people who are into Imabari. It is expressing the interesting individuality in Imabari, inspirational new ideas created through joint development amid the exploding fireworks of the local festival 'Onmaku'. Everyone related to Imabari is an originator, an influencer, and a leader, becoming symbols of how industries and individuals can come together to create an “Imabari Model of Joint Development”. I hope that “I’m into Imabari” will become a big movement.

Kashiwa Sato

© 2019 imabari city