Story

新しい交流の場をつくりたい

2019.3.09.UP

今治タオル工業組合
理事長 井上裕基さん

2019年3月9日新たに「imabari towel CAFÉ(今治タオルカフェ)」がオープンします。テクスポート今治内の「今治タオル 本店」「今治タオルLAB(ラボ)」に続く3つめの施設です。一体どんなところなのでしょう。今治タオル工業組合の井上理事長をたずねました。

井上理事長

「imabari towel CAFÉ」は、国内最大級の売り場面積をもつ「今治タオル 本店」に併設されています。空間デザインは、クリエイティブディレクターの佐藤可士和氏率いるSAMURAIが担当。今治タオルの世界観を表した「今治タオル 本店」と同じコンセプトで、白木を基調としたシンプルであたたかみのあるデザインです。

白木を基調とした店内

「今治タオル 本店」では、約400種、2万点ものタオルに触れ、豊富な知識を持つタオルソムリエと話をしながらじっくりとタオルを選ぶことができます。「今治タオルLAB(ラボ)」は体験型施設で、今治タオルの吸水性の高さを実感できる検査体験「5秒ルール」や、実際の手織りの織機をつかってのタオル織り体験、タオルソムリエクイズなど、産地ならではの体験をすることができます。

今治タオル 本店

今治タオルLAB

今回あらたに情報発信の場、タオル産地ならではの交流の場が完成しました。それが「imabari towel CAFÉ」です。「お買い物途中の休憩はもちろん、おしゃべりしたりコミュニケーションをとったりする場として、広く皆さんにご利用いただきたいと思っています。」と井上理事長。

カフェはどなたでも自由に利用でき、飲食物の持ち込みもOK。井上理事長は、「タオルメーカーや業者同士の打ち合わせ、交流会、ランチミーティングなどビジネスシーンにもぜひ使ってほしい。」と語ります。コーヒーサーバーが設置されており1杯100円でコーヒーがいただけるので、ビジネスの打ち合わせなどにも重宝しそうです。さまざまな人が集まる「コミュニティ・カフェ」といったところでしょうか。

2019年3月のアイアイ今治キャンペーン期間中は、コラボ企画として、さいさいきて屋さんのスイーツやTORICOさんがつくる今治野菜たっぷりのデリボックス、珈琲館時計台さんのオリジナルブレンドコーヒーなどが限定販売されます。

特別コラボメニュー

「今治には、食・文化・スポーツなどたくさんの素晴らしいコンテンツがあります。個々でPRすることももちろん大切ですが、皆がアイデアを持ち寄って協力すれば、もっといろいろなことができるのではないかと思います。さまざまな業種が一緒になって今治地域全体を盛り上げていけるよう、この今治タオルカフェが地域の皆さんの情報発信の場、交流の場になればいいなと思っています。」(井上理事長)

今治タオル工業組合初めての取り組みでもある「タオル×食」の異色コラボ、今後この場所からどんな交流が生まれ、どんなおもしろい化学変化が起こるのか楽しみですね。


I'm into I'm into

今治タオル工業組合
理事長 井上裕基さん

I'm into Imabari towel!

今治タオル工業組合の理事長であると同時に、創業70年の老舗タオルメーカーの社長でもある井上さん。安心・安全・高品質な今治タオルには絶対的な自信を持っています。井上理事長はやっぱり今治タオルに夢中です!

© 2019 imabari city