Story

今治を全国にPR

2021.09.29.UP

2020瀬戸内しまなみ大使
月原美貴さん

『2020瀬戸内しまなみ大使』として活躍する月原美貴さん。今治市の魅力を全国に発信しようとさまざまな活動を行っています。移住して10年、今ではすっかり今治の魅力にハマっているようです。

月原美貴さん

月原さんは沖縄県出身、今治市出身のご主人との結婚を機に今治市に移住されました。現在は仕事と2人のお子さんの子育て、さらに瀬戸内しまなみ大使としても活躍中。沖縄にいた頃からも、地域をPRする活動をしたいという気持ちはあったそうですが、結婚や育児などの都合でなかなか叶いませんでした。しかし、ご家族のサポートや周囲の勧めもあり、2020瀬戸内しまなみ大使に応募、大使に選出されました。

この日の取材場所は、今治駅前サイクリングターミナル「i.i.imabari! Cycle Station」。月原さんにとってここは、瀬戸内しまなみ大使として初めて活動した想い出の場所。選出された直後に新型コロナウイルス感染拡大防止のために、予定されていたイベントなどが相次いで中止となりました。ようやく大使の制服に袖を通せたのは、2020年7月20日のここ今治駅前サイクリングターミナルのオープニングイベントだったといいます。

瀬戸内しまなみ大使とフリーアナウンサーの作道さんとのショット。右端が月原さん

「当日は遠方から出席することができなかった方からも祝電でお祝いのお言葉を頂きました。皆さんのお話を聞いていると、今治市はサイクリングに適した環境に恵まれていて、サイクリストの皆さんに愛されている町なんだなとあらためて実感しました。」と月原さん。 i.i.imabari! Cycle Stationはサイクリストだけでなく、共通の趣味を持った方たちが県外・市外から集まり交流することができるスポットです。気軽に立ち寄れるので、たくさんの方に足を運んで頂きたいですね。

月原美貴さん

今治市の広報やパンフレットなどのモデルとして、サイクルジャージ姿で自転車と写る月原さんの写真を目にされた方も多いかもしれません。オープニングイベントの仕事をきっかけに月原さんはすっかり自転車にハマってしまったそうなのです。思い立ったら即行動の月原さんはすぐにロードバイクを購入。お話を伺うと1台数十万円もするロードバイクだとか。「せっかくだから奮発しました!」と笑う月原さん。こだわりの愛車で、休日はカフェ巡りなどしながら、家族や友人たちとしまなみ海道のサイクリングを楽しんでいるそうです。

月原さんがサイクリングをもっとPRしたいと思っている理由のひとつに、沖縄とのつながりがあります。今治市は2017年に沖縄県名護市と「自転車を通じたまちづくり交流協定」を締結しました。観光リゾート地として知られる名護市と、サイクリストの聖地となった今治市とが相互に協力しながらサイクルツーリズムの振興を図るのがこの協定のねらいです。このことを知った月原さんは、サイクリングを通じて今治と故郷沖縄の架け橋になりたいという思いを強くしたそうです。そのためにも自分自身がもっとサイクリングに親しみ、その楽しみ方を多くの人に知ってもらいたいとPR活動に余念がありません。

休日にはしまなみ海道サイクリングを楽しんでいる。

月原さんにとって、今治の町はどう映っているのか尋ねてみました。「約10年間、住んでみて感じているのは、今治市は本当に住みやすいということです。まず、道路がわかりやすいですよね。車の走行がしやすい。町全体がコンパクトで、何でも揃うので不便さは感じないし、子育てがしやすい町だと思います。」二人のお子さんを育てながら仕事もこなす女性の目線でも、今治は魅力的な町に映っているようでした。

コロナ禍の影響でイベントは相次いで中止となり、2020瀬戸内しまなみ大使として県外でPRしたり大勢の人の前に立つ機会は少ない状態が続いています。それでも何か自分たちに今できることをしようと、他の瀬戸内しまなみ大使のメンバーたちと、それぞれが個人アカウントで今治の魅力を発信すべくSNS発信をおこなっています。

のりてぃ×みきてぃの バリツーリズムの収録中

また、月原さんは現在、毎週金曜日FMえひめの「のりてぃ×みきてぃの バリツーリズム」のコーナーで、自転車、グルメ、自然など魅力溢れる今治市の情報を発信しています。訪れた先での美しい風景や美味しいグルメなどもマメにインスタにアップ。「今まで通りの活動はまだまだ難しいと思いますが、今治市の魅力を多くの方に伝えられるようにがんばります!」(月原さん)今後のご活躍を楽しみにしています!


I'm into I'm into

2020瀬戸内しまなみ大使
月原美貴さん

I'm into cacao

瀬戸内しまなみ大使として、今治駅前サイクリングターミナル「iiimabari! Cycle Station」のオープニングセレモニーに参加したのが、サイクリングにハマったきっかけだったとか。
愛車はGiantの女性ブランド「Liv」のロードバイク。休日は仲間とサイクリングを楽しんでいるそうです。
I’m into cycling!月原さんはサイクリングに夢中です!

© 2019 imabari city